閉所恐怖症

閉所恐怖症の克服の基本

現在、閉所恐怖症には決定的な治療法はないと言われています。しかし、ある程度の効果が期待できると言われる治療法がいくつか見られます。

 

大別すると、薬物療法と精神(心理)療法の二つですが、精神療法では、様々な治療法が考案されて、有効性を認められているものも あります。認知行動療法、催眠療法などが、代表的です。

 

閉所恐怖症の治療に最も効果のあるのは、「認知行動療法」だという主張も多く見られます。

 

認知行動療法は、閉所恐怖症の不安、恐怖から逃れるための回避・脱出行動はさせず、逆に、原因と見なされるトラウマ体験の疑似環境を作り出し、その中に身をさらすことで徐々に慣らし、自信を着けさせる方法です。

 

認知行動療法では、「恐れている状況への曝露」、「身体感覚についての解釈の再構築」、「呼吸法」などの訓練・練習が行われます。基本的には、不安に振り回されず、不安から逃れず、不安に立ち向かう練習を行うというコンセプトのもとに実施されます。

 

閉所恐怖症と言っても十人十色、症状に合わせた治療克服法を見つけることが先決です。そのためには、先ず「カウンセリング」から始めることになるでしょう。

 

カウンセリングの中で行なわれる対話のプロセスでは、じっくりと丁寧に自分自身を振り返り、また自分の思いを語っていくという 手段から、過去のトラウマを探り当てます。それは閉所恐怖症の原因を発見することと同じ意味を持つからです。

 

そうすることで、自分が恐怖を覚え、逃げ回っていた状況から抜け出す方法を見つけ出すことが出来るのです。

 

*******************

 

症状が重篤な場合や、緊急措置として症状を抑制することが必要な場合は、即効性の高い「薬物治療」が選択されることでしょう。

 

薬物治療は、うつ病の薬として開発されたSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という抗うつ剤や、β遮断薬といって、震えや動悸、発汗などの身体症状を除去する薬があります。長期的に服用して行くものと、外出先の状況から閉所恐怖症の症状が予期できるときに、頓服として使うものとがあります。

 

薬物は、副作用を心配する人もありますが、適量を医師の指示どおりに服用する限りにおいては問題ありません。


> 治療法には大きく分けて薬物療法と精神(心理)療法の2つ

スポンサードリンク