閉所恐怖症

閉所恐怖症と不安神経症

「閉所恐怖症」は、不安神経症の仲間で、最近ではパニック障害とかパニック症候群と言われることが多くなっています。

 

パニック障害は、いわゆるパニック発作が起こるもので、動悸や息苦しさ、めまいなどのために、死の恐怖を直接的に感じてしまうのが特徴の病気です。特に閉所恐怖症や乗り物恐怖が多く見られる症状で、他にも下記のような症状があります。

 

●不安で電車やバスに乗ることが出来ない(乗り物恐怖)
●不安で家族と一緒でないと外出できない(外出恐怖)
●不安で一人では留守番できない(留守番恐怖)

 

不安神経症やパニック障害は、神経症の中でも最も「死の恐怖」との結びつきの強い病気と言われます。

 

対人恐怖(赤面恐怖症、あがり症、視線恐怖不潔恐怖恋愛恐怖など)の場合は、社会からの脱落といった「社会的な死の恐怖」が、その背景にありますが、不安神経症の場合には、「身体的な死の恐怖」から来るものという違いがあります。

 

パニック障害(閉所恐怖症もそのひとつ)の原因は、まだ完全に解明されたわけではありませんが、一説によれば、下記のようなものに関連があるのだそうです。

 

@家族・本人の成長履歴や家庭環境
A遺伝的な要素
Bストレスとの遭遇(心的外傷になるような体験)
C神経質で敏感な性格

 

ということは、もともとパニック障害を受け易い体質の人が、何かがきっかけで発症するものと理解することができます。


> 治療法には大きく分けて薬物療法と精神(心理)療法の2つ

スポンサードリンク