閉所恐怖症

パニック発作と閉所恐怖症

閉所恐怖症につきものと言ってよいのが、パニック発作です。このページでは、パニック発作について解説して行くことにします。

 

パニック発作は、心臓がドキドキしたり、息が詰まったり、吐き気がしたりという状態が、このまま死んでしまうのではないかという不安・恐怖感とともに強く起こるものです。

 

通常、数分でピークに達し、数十分後には消えますから、「大変だ」と救急車を呼んでも、病院についた時には既に治まってしまい、「どこも悪くありません」と帰されることも稀ではありません。

 

初めてのパニック発作は、突然、何の前触れもなく起こります。閉所恐怖症の場合は閉所で起こりますが、それ以外の恐怖によるパニック発作は、睡眠中に起こることもあります。

 

そして、何度か発作を起こすと、また起こるのではないかと不安がどんどん強くなります。これを予期不安と言います。

 

<回避心理>
発作が起きると、あまりにも恐ろしいので、発作が起きた場所や状況を避けるようになっていきます。これが回避心理で、悪化すると、電車に乗ったり、買い物に行ったりすることすら怖がるようになり、日常生活がスムーズに行かなくなります。

 

<パニック発作の身体症状と精神症状>
パニック発作の症状は、大きく身体症状と精神症状に分けられています。

 

身体症状は、心臓・血管系、神経系、消化器系、呼吸器系、その他の自律神経症状に分けられていますが、多いのは、手足の震え、顔面紅潮、呼吸困難、発汗、胸の締め付け、気が遠くなる、動悸、呼吸困難、胸痛、めまいなどの症状です。

 

このため、しばしば心臓疾患と間違われることがあります。心臓発作、心筋梗塞のような自覚症状が起こるため、心臓や気管系の疾病をまず疑われるのですが、検査しても異常は出ません。

 

精神症状では、不安、恐怖、離人感(自分が自分でないような感覚)、非現実感などが見られます。

 

胸が締め付けられるのは苦しいですし、手足が震えて気が遠くなることは、とても恐ろしいことですが、パニック発作自体は人間の持つ正常な反応が急に出現しただけなので、体が壊れることはありません。

 

とはいえ、早く病状を回復させなければなりません。それには、何よりも医師の診断を受け、適切な治療を始めることです。


> 治療法には大きく分けて薬物療法と精神(心理)療法の2つ

スポンサードリンク